01.May.2017
[ About Beans ]
:coffeeboy

コーヒー豆の話をしましょう。

コーヒーベルトの奥深くから探し出した豆を選りすぐり、
さらにその中心だけを取り出す方法を研鑽し、
そうして抽出したコアの液体をコーヒーの本来として味わう道があります。

また収穫物のすべてが大地の恵みなら豆本来に優劣はなく、
身近かに手に入るホールビーンズをこんがりと焼き上げて、
ただこれこそが我が家と思えるブレンドの追求は惜しまず、
そうして生まれたカップを、友人や隣人と分かちあうテーブルに幸せを感じる道があります。

前者は未抽出や過抽出ではなく適正な抽出をする1人の勝者が生まれ、
後者は伝えられた我が家の味を守り後世に残す1人の番人が必要になります。
COFFEEBOYにはどちらのコーヒーを望むお客様もいて、
それは私たちがどちらのコーヒーも大切にしてきたからです。

1961年の創業当時に作られた私たちファミリーの原点と言える
マイルド ブレンド=MILD BLENDという銘柄がありました。
その流れを今もくむハウスブレンドとしてNo.133 ライトは存在しています。

【 COFFEEBOYブレンド No.133 ライト 】

創業者 河内山満が山口県の風土に適したコーヒーとして
たどり着いたMILD BLENDを継承するNo.133 ライト。
県東部を流れる日本有数の軟水の水系、錦川の、その水質を活かすように生まれました。
5種類の豆を全体として浅煎りにし、バランスを取り、ブレンドしています。
ビスケットのような香ばしさと麦茶のようなフレッシュ感、
淡い酸味と渋みが存在感を強くします。

COFFEEBOYブレンドへ、ようこそ!

左からグァテマラ、ブラジル中煎り、コロンビア、ブラジル浅煎り、キリマンジャロの
コモディティ5種類のブレンドです。




COFFEEBOYは、あらためて ”豆屋” コーヒーボーイです。


→No.133 ライトの詳細はこちら


——————————

2ヶ月に1度、COFFEEBOYを知っていただくための[ AD CARD:アドカード ]を発行しています。
各直営店にて、ご自由に手にお取りください。

Contact

お問い合わせ
カフェ情報やイベント・ケータリングなどすべてのサービスはこちらからお問い合わせください。
メールでのお問い合せ

Mail Magazine

メールマガジン
キャンペーンやセール情報をお伝えするメールマガジンをお送りしています。
お申し込みはこちらから