コーヒードリップの【 おすすめ道具セット 】
- 初心者のスキルに寄り添う器具一式

最終更新日: 2024/05/20

ハンドドリップは、人の手でコーヒーを淹れることのできる最もシンプルな方法です。
また同時に原始的であるため、淹れる人の力量で大きく味に差が生まれます。
この記事では、初心者の上達に役立ちながら、世界的競技会でも広く使われている道具達を紹介します。

記事は'17年日本ハンドドリップチャンピオンシップ決勝大会出場 光店守本店長

おいしいドリップコーヒーへの第一歩は、豆やお湯の量、温度や時間を意識する事から始まります。
良い道具とは、抽出の工程でそれらの意識を高めながら、多くの情報を与えてくれる機能を備えている事だと思います。
この記事で、あなたがハンドドリップの入り口に立てることを願っています。光店店長 守本雅美

コーヒードリップの おすすめの道具を紹介しましょう!

1. コーヒードリップの道具 -
5つの欠かせない道具

ドリップコーヒーを淹れるためには、5つの道具が必要です。
それは最低限のセットであると同時に、競技会でも使われているという理由で最大限のセットでもあります。

この記事では、初心者から競技者まで世界で広く使われているハリオ社Vシリーズを中心に
競技会レベルまで技術が上達した時にも、使い続けられる5つの器具を紹介します。

① ドリッパー : コーヒー粉を入れて、注いだお湯に溶け出たコーヒー液をろ過します。
② サーバー : ろ過されたコーヒー液を受けて、抽出が終わったらカップに注ぎます。
③ ケトル/ ポット : コーヒー粉にお湯を注ぎます。
④ ペーパーフィルター : ドリッパーにセットして、コーヒー液をろ過するフィルターになります。
⑤ 軽量スプーン : コーヒー豆またはコーヒー粉の量を計ります。

2. コーヒードリップの道具 -
【ドリッパー 】 ハリオ社 V60 ドリッパー

ドリッパー は、ハリオ社 V60 ドリッパーをオススメします。

ドリッパーの役割とV60ドリッパーが選ばれる理由

ドリッパーの役割
ハンドドリップは、
注いだお湯に溶け出たコーヒー液をろ過し、
コーヒーを抽出する方法です。

ドリッパーの役割は、
・コーヒー液をムラなくろ過できること
・注ぐお湯の量や注ぎ方で、ろ過の速度を調整できること
の主に2つです。

V60ドリッパーが選ばれる理由
V60ドリッパーは、下部のV字の角度が60°になっていることから命名されています。

・コーヒー液が、内側の曲線スレッドに沿って落下するため、ドリッパー内での滞在時間が長くなります。
・底部の中心に比較的大きな穴が一つあり、コーヒー液の落下を促します。

前者のブレーキと後者のアクセルが組み合わさる事で、微妙な味のコントロールが可能になります。
V60の最大のメリットと言えます。

また円錐形だから、ドリッパーがどの角度で置かれても抽出者からは同じように(円に)見えます。
ドリップの過程で、今どこのステージにいるのかを把握する事はもっとも大切な事です。
円錐形は、ドリッパー内のコーヒー液の移り変わりを学習するために適した形と言えます。

V60ドリッパー 02クリア

●VDR-02-T ●透明 ●幅137×奥行116×高102mm
●口径116mm ●1-4杯用
*価格はご自身で確認ください。

*HARIO オフィシャルサイトはこちら

3. コーヒードリップの道具 -
【サーバー】ハリオ社 V60コーヒーサーバー

サーバーは、ハリオ社 V60コーヒーサーバーがオススメです。

サーバーの役割とV60コーヒーサーバーが選ばれる理由

サーバーの役割
・ドリップの過程で抽出量を確認できること
・提供する方の目の前で美しくコーヒーを注げること
の主に2つです。

V60サーバーが選ばれる理由
・カップ数を記した比較的大きな目盛りが付いている
・V60ドリッパーと統一デザインでセットした時にバランスよく美しい
・テーブルとの設置面が少ない(底部がうす型になっている)のでコーヒーが冷めにくい

があります。

ドリップコーヒー1杯を淹れるために、お湯は数回に分けて注ぎます。
抽出者が、注いだお湯と抽出されたコーヒー量を瞬時に把握できることが、
サーバーの不可欠な機能です。

V60コーヒーサーバー700

●VCS-02B ●ブラック ●幅180×奥行125×高133mm●口径92mm
●容量(バンド下)700mL*価格はご自身で確認ください。

*HARIO オフィシャルサイトはこちら

美しくサーブできる事もサーバーの機能です。

コーヒードリップの適切な湯温(約90℃)で抽出を始めた時、完成時の温度は75℃くらいまで下がっています。
カップを十分温めてからコーヒーを注いでください。

そしてコーヒーを注ぐのは、お客さまの目の前で。
・厚手のカップは、カップ部を持って注いでください。
・薄手のカップは、ソーサーに置いて注いでください。


お客様が持つ取っ手に触れない心使いが
ハンドドリップの繊細な工程をイメージさせ、コーヒーを一層おいしく演出します。

4. コーヒードリップの道具 -
【ケトル/ポット】ボンマック ドリップポット

ケトル/ポットは、ボンマック ドリップポットをオススメします。

ケトルの役割とボンマック ドリップポットが選ばれる理由

ケトルの役割
・お湯の量、お湯の細さ、注ぐスピードが自在に調整できること
・軽量で保温性が良いこと
の主に2点です。

ボンマック ドリップポットが選ばれる理由
・お湯のコントロールが容易なこと
・2杯分のお湯を入れた時に注ぎやすい重心になっていること
・COFFEEBOYのカフェ8店で使われている信頼のブランド
です。

ケトルは細口を選んでください。いわゆるヤカンではおいしいドリップコーヒーを淹れることはできません。
お湯の細さ、スピード、勢いなどが自在に操れると、ハンドドリップ が楽しくなります。

ボンマック ドリップポット

●新潟県燕三条の職人が丹精込めて創り上げた“Japan Quality”の逸品
●W232×D113×H140㎜●750ml
*価格はご自身で確認ください。

*ボンマック のオフィシャル サイトはこちら

5. コーヒードリップの道具 -
【ペーパーフィルター】COFFEEBOY ドリップガール

ペーパーフィルターは、COFFEEBOY ドリップガールをおすすめします。

ペーパーフィルターの役割とドリップガールをおすすめする理由

ペーパーフィルターの役割
・コーヒー液をムラなくろ過できること
・ドリッパーのサイズに適合すること
・ペーパーの質がコーヒーの味に影響しないこと
の主に3つです。

ドリップガールをおすすめする理由
・ 1-4人 円錐形がV60ドリッパー02に適合すること
・蛍光染料不使用 / 接着剤不使用でコーヒーの味に影響しないこと
の主に2つです。

また市販や大手メーカーのものよりも、少し厚手に作られています。
淹れる時にネルドリップのような味わいがあり、ダークローストファンに好んで使われています。


ハンドドリップ のよくある質問
Q.
蒸らしの前にペーパーフィルターを濡らした方が良いでしょうか?

A.
・クラフト色のみさらし(無表白)フィルターの場合は、リンス(湿らす)することをおすすめします。
匂いが除去されていない場合があります。

・漂白済みの白いフィルターは、コーヒーの味には影響がありませんが、わたしはリンスをする派です。

1投目の蒸らしでは、乾燥したコーヒー粉にお湯を注ぎ、粉を開かせて抽出の準備をします。
蒸らした後、ドリッパー内のコーヒー粉一粒一粒が同じ状態に蒸れていることが理想です。
そして、2投目のヨーイドンで一斉に粉が抽出を始める。それがムラなくコーヒーを抽出するイメージです。

ハンドドリップでは、直接フィルターにお湯を掛ける事は、(紙臭がコーヒーに移るため)NG行為です。
フィルターの際(きわ)のコーヒー粉までしっかり均一に蒸れるように、わたしはリンスをします。

DRIP GIRL 1-4人 円錐形

●蛍光染料不使用 ●接着剤不使用● 60枚入り ●日本 / 528円

*DRIP GIRL 購入ページはこちら

6. コーヒードリップの道具 -
【軽量スプーン】V60セット 付属スプーン

軽量スプーンは、使いやすいものを選んでください。

軽量スプーンの役割とV60セット 付属スプーン

軽量スプーンの役割
・計量スプーンは豆の量、または粉の量を計ります。

V60ドリッパーとサーバーのセットの付属スプーン
「V60ドリッパーとサーバーのセット」に付属されているスプーンが使い勝手が良いです。
コーヒー粉ならすりきり12gが計れます。内側には8/10/gの目安が付いています。

自分好みの豆や粉の量を目分量で量れるようになれば、コーヒーライフもきっと楽しくなりますよ。

V60 コーヒーサーバー02セット ペールグレー

●VCSD-02-PGR●1-4杯用●700mL●
*価格はご自身で確認ください。

*HARIO オフィシャルサイトはこちら

7. バリスタからのメッセージとまとめ

ドリップコーヒーの淹れ方【道具編】は、いかがでしたか?

ハンドドリップは、コーヒーの世界を広げてくれます。光店守本店長

美味しいドリップコーヒーのための道具編は、いかがでしたか。

おすすめしたポイントは、
・ドリップする工程で、様々な情報を与えてくれる道具であること
・コーヒーを生涯の友とする限り、ともに並走してくれる道具であること

でした。

ハンドドリップは、
・コーヒー豆の量/挽き方
・お湯の温度/量
・注ぎ方/時間

この6つの要素をパズルのように組み合わせることで、
自分がイメージするコーヒーと巡り合える喜びがあります。

コーヒーはとてもパーソナルな飲み物だと
私は思います。
様々なドリップを経験して、
ぜひ、あなた の、コーヒーと出逢ってください。

守本 雅美
(株)徳山コーヒーボーイ テイスティング・マネージャー / 光店 店長
*日本スペシャルティコーヒー協会主催 2017年ジャパン ハンドドリップ チャンピオンシップ 決勝大会13位
*日本スペシャルティコーヒー協会_過去の競技結果

コーヒーの世界を広げましょう。

●の、コーヒーを探しましょう。
●ハンドドリップを始める方へ。基本の抽出法。
●ハンドドリップをもっと学びたい方へ。

*光店 守本店長のページはこちら

コーヒードリップの【 おすすめ道具 】まとめ

道具 ① - 【ドリッパー 】 ハリオ社 V60 ドリッパー
→オフィシャルサイトは、こちらから
道具 ② - 【サーバー】ハリオ社 V60コーヒーサーバー
→オフィシャルサイトは、こちらから
道具 ③ - 【ケトル/ポット】ボンマック ドリップポット
→オフィシャルサイトは、こちらから
道具 ④ - 【ペーパーフィルター】COFFEEBOY ドリップガール
→オフィシャルサイトは、こちらから
道具 ⑤ - 【軽量スプーン】V60セット 付属スプーン
→オフィシャルサイトは、こちらから

●目次に戻る

COFFEEBOYでは、浅煎りから深煎りまで、
いつも約30種類の豆を用意しています。

:ミディアム・ロースト〜ハイ・ロースト

:シティロースト〜フレンチロースト

:ライト・ロースト〜ミディアム ロースト

:スペシャルティコーヒーなど高品位豆のライト・ロースト〜ミディアム ロースト

メールマガジンを購読しませんか。

●新豆の情報はもちろん、●焙煎の豆知識、●コーヒーがなければ生まれなかったアートのコラムなど、楽しいメールマガジンを配信しています。
*メールマガジンの購読には、会員登録が必要です。

*メールマガジンのお申し込みはこちら