NO COFFEE. NO CREATION. 推理を研ぎ澄ます探偵たちのコーヒー習慣

推理を研ぎ澄ます
探偵たちのコーヒー習慣

飲めば頭脳が冴えわたり、時に思いがけないひらめきを提供してくれるコーヒーは、古今東西さまざまな作品に登場する探偵たちの人気アイテムでもありました。 今回はその中でも特に注目したい二名をご紹介いたします。 コナン・ドイルの生んだ名探偵シャーロック・ホームズは、「紅茶の国」イギリスの中でもコーヒー党として描かれます。 ホームズの喫茶シーンは様々な話に登場しますが、その描写はどれも簡素なものです。 ですが英国におけるコーヒー文化の背景をふまえると、これらは些細なれども見事なモチーフ選択であったと言えます。 英国におけるコーヒーの歴史は紅茶よりも古く、1650年代にさかのぼります。 17世紀には大流行したコーヒーハウスですが、そこは単にコーヒーを飲むだけの場所ではなく、様々な情報の集積地であり、活発な議論の場でもありました。 ところが19世紀に入り政治状況が変わると、コーヒーハウスは反体制派の温床とみなされ、廃れていくことになります。 そのためホームズの活躍した19世紀末のロンドンにおいて、コーヒー文化には「知識階級のたしなみ」と「外れ者のたまり場」という二面性があったことになります。 そんな歴史に思いを馳せてみると、コーヒーを飲むシーンが、ホームズの「知的紳士」でありながら「破天荒な外れ者」であるというキャラクター像を両面から支えているとも解釈できそうです。

 

もう一人、コーヒー好きの探偵として忘れてはならないのが、レイモンド・チャンドラーの生んだ私立探偵、フィリップ・マーロウです。 馴れ合いを嫌う一匹狼のマーロウは、ある意味ホームズとは対極の存在です。 そんなマーロウシリーズの代表作『ロング・グッドバイ』では、追い詰められ拳銃を手にした友人を前に、サイフォンでコーヒーを淹れるシーンがかなり緻密に描写されています。 彼にとってコーヒーを淹れることは、心を平穏に保つための儀式であり、どんな状況でも欠かせないこだわりの象徴でもあるようです。

 

二作を読み比べてみると、ホームズ世界のコーヒーが当たり前の飲み物としてさりげなく登場するのに対し、マーロウの飲むコーヒーがことさら印象的に描かれている点にも注目です。 ただ思考を研ぎ澄まし、推理に一役買っている点では共通しているのかもしれません。

NO COFFEE. NO CREATION.

NO COFFEE. NO CREATION. 永井荷風の「理想のカフェ探し」

NO COFFEE. NO CREATION.
寺田寅彦『コーヒー哲学序説』

NO COFFEE. NO CREATION.
サンテグジュペリ

トピックス別

EVENT SPOTLIGHT

NO COFFEE. NO CREATION.

オリジナルブレンド紹介

コーヒーとの出会い

コーヒーデイズ:カフェの日常

コーヒーボーイファミリー

コーヒー屋に生まれて。正確には焙煎屋です、が。

今さら聞けないコーヒーのはなし

焼きごろ 飲みごろ ススメごろ

私のコーヒーカップ

メールマガジンアーカイブ

メールマガジン2024/MARCH

メールマガジン2024/FEBRUARY

メールマガジン2024/JANUARY

メールマガジンの新規登録または配信停止はこちらのフォームから。